ミック・ジャガー、来年のローリング・ストーンズ50周年記念ツアーに期待するなと語る

ミック・ジャガー、来年のローリング・ストーンズ50周年記念ツアーに期待するなと語る - 『スーパーヘヴィ』『スーパーヘヴィ』

ザ・ローリング・ストーンズが来年結成50周年を記念するツアーを行うという憶測に対して、ボーカルのミック・ジャガーはその可能性を否定している。

ザ・サン紙との取材に応えてミックはバンドが4年ぶりのツアーに乗り出すという期待は持たないようにと語っている。ストーンズは来年の7月12日にロンドンで初めてライブを行ってから50年目を迎えることになり、ギターのキース・リチャーズは「なにかが風のなかで囁いている」となにかしらのイベントの可能性をほのめかしていた。

しかし、50周年記念ツアーの実現性はあるのかと訊かれてミックは「息をつめて待ったりしないように」と語り、さらに次のように続けた。

「バンドっていうのはどつぼにはまるものなんだよね。特にブルース・バンドとして始まったバンドって、やるせないブルースをそのまま生きちゃうことになるんだよ」

また、ミックはストーンズが50周年記念を式典という形で祝うことになった場合にはキースは招待されないとも先頃語っている。ふたりの仲はキースが昨年上梓したミリオン・セラーとなった自伝『ライフ』のなかでミックの性器を短小だと言い及んで以来、険悪になっているとされている。

また、ミックは自身がデイヴ・スチュワート、ジョス・ストーン、デミアン・マーリー、A・R・ラフマーンと結成しているスーパーバンド、スーパーヘヴィでの活動の方がよっぽど気楽だとも語っている。スーパーヘヴィのデビュー作『スーパーヘヴィ』は9月21日にリリースされる。


(c) NME.COM / IPC Media 2011
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする