エアロスミスのスティーヴン・タイラー、新作のレコーディングは完成に近いと語る

エアロスミスのスティーヴン・タイラー、新作のレコーディングは完成に近いと語る - 2004年作『ホンキン・オン・ボーボー』2004年作『ホンキン・オン・ボーボー』

2004年の『ホンキン・オン・ボーボー』以来となるスタジオ・アルバムのレコーディングにとりかかっているエアロスミスだが、ボーカルのスティーヴン・タイラーはレコーディングは完成に近づいているとローリング・ストーン誌に語っている。

「2ヶ月レコーディングをやってきて、もうちょっとで辿り着きそうだよ。ロスにはもうひと月いることになってるんだ」

新作のプロデューサーのジャック・ダグラスは新作が来年の夏のリリースになると語ってきているが、スティーヴンは来年の3月には出せそうだと語っている。また、これまでダグラスは新作が「粗々しく生々しい」ものになると語ってきた。

この新作の制作はこれまで何度も延期を余儀なくされていて、昨年はボーカルのスティーヴン・タイラーが脱退するのではないかとも危ぶまれてもいたが、イギリスで行われたダウンロード・フェスティヴァルではしっかりスティーヴンがボーカルとして出演をこなしていた。最近では、スティーヴンがアメリカの人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』の最新シーズンで審判員を務めたため、さらにアルバム制作が先延ばしにされるということもあった。


(c) NME.COM / IPC Media 2011
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする