グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、一緒にツアーして最悪だったバンドはボン・ジョヴィだと語る

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、一緒にツアーして最悪だったバンドはボン・ジョヴィだと語る - グリーン・デイ『ウノ!』9月26日発売グリーン・デイ『ウノ!』9月26日発売

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングはこれまで一緒にツアーしたバンドの中で最悪だったとして、ボン・ジョヴィを挙げている。

9月26日に3部作となる新作の第1作目『ウノ!』をリリースし、その後順番に11月に『ドス!』、来年1月に『トレ!』をリリースしていく予定のグリーン・デイだが、ケラング!誌との取材に応えて、ボン・ジョヴィが一緒にツアーしたバンドでは最悪で、ザ・ハイヴスが最高だったと語っている。

「(一緒にステージをシェアしたバンドの中では)ザ・ハイヴスがたぶん最高だったね。連中は素晴らしいライヴ・バンドだよ。(最悪の方については)まあ、やっぱり、ボン・ジョヴィってことになるね」

また、自分についての最も不思議な噂については自分が死んだというものだったとビリーは語っている。「ロスアンジェルスで『アメリカン・イディオット』をレコーディングしてたら、奥さんからすごく取り乱した電話が入ってさ。なんかネットの噂が雪だるま式に膨らんでたようだったんだよ」

なお、バンドは先頃新作『ウノ!』から“ラスティ・ジェイムス”のアコースティック・ヴァージョンを動画で公開している。


(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする