今絶対に観るべきウルフ・アリス来日公演、いよいよ明日から‼


今絶対に観るべきウルフ・アリス来日公演、いよいよ明日から‼
9月にリリースされたセカンド・アルバム『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』聴きましたか? もしもまだの人がいたら、絶対に聴いてください。
2017年で最もかっこいいロック・バンド、今最も健全で正しい新世代ロック・バンド、とみんながわくわくしている理由がわかるから。
今絶対に観るべきウルフ・アリス来日公演、いよいよ明日から‼
世代や人種を問わず多くの人がウルフ・アリスに惹かれるのは、その自由さ、本能をポップに解放している、その「生まれながらにしてロック」なところだろう。
それはアーティスト写真を見ると一目瞭然で、男性メンバーに並んでエリーだけ下着姿なのに、そこには過去の「紅一点メンバー」が放っていたような、媚びも挑発もなく、実に自然で堂々としている。

ポップであるという聴き手の欲望と、自由という自身の欲望との間に、ズレがないのだろう。それはとても幸福かつ、すごい才能だと思う。

そんなウルフアリスが、明日23日(月)渋谷WWW Xで、24日(火)梅田Shangri-laで来日公演を行う。
今やイギリスではアリーナ・クラスの動員を誇るバンドだけに、ライヴ・ハウス規模で見れるのはとても貴重だ。
(ちなみに2015年のデビュー作『マイ・ラヴ・イズ・クール』は、グラミー賞「最優秀ロック・パフォーマンス部門」にノミネート、ブリット・アワード「新人賞」、マーキュリー・プライズ、アイヴァー・ノヴェロ賞、NMEアワード2部門受賞。英国本国でゴールド・アルバムを獲得している)

ロッキング・オン本誌でも大きくフィーチャーし、『ロッキング・オン』11月号にはエリー・ロウゼルのロング・インタヴューも掲載しているのでぜひ読んでほしい。
今絶対に観るべきウルフ・アリス来日公演、いよいよ明日から‼ - 『rockin'on』11月号より『rockin'on』11月号より
ちなみにインタヴューの中で、彼女は影響を受けているミュージシャンについて
「基本的な姿勢とかそういう部分で影響を受けているっていうのだったら、確実にベックよね……アルバム毎にスタイルを変えちゃっていいし、ヒップホップもメタルもインディもポップも何でもありにして、とりあえずやるだけやってみたら、なんとかなるんじゃない?みたいな姿勢とか。そのほうが自分に出来る範囲内でそこそこ良い作品を作り続けるより、よっぽど楽しいし面白い作品ができると思うから」
と語っているが、明日はベックの武道館公演でもある。両方観たくて身が引き裂かれる思いをしているロック・ファンも多いと思う……。

他にも、ラナ・デル・レイ、ブラック・フラッグ、バッド・ブレインズ、マイナー・スレット、フガジ、レディオヘッド、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジにも影響を受けたそうだが、BBCではグリーン・デイ“Good
Riddance (Time Of Your Life) ”のカヴァーをしている。(井上貴子)

今夜のワールド・ロック・ナウではウルフ・アリスの注目の新作を紹介します。
デビュー・アルバムが大成功したプレッシャーを全く感じさせない、大胆で自由なセカンド・アルバムとなる新作が素晴らしい。 今夜のワールドの・ロック・ナウでしっかり紹介します。
今夜のワールド・ロック・ナウではウルフ・アリスの注目の新作を紹介します。
今週の一枚 ウルフ・アリス 『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』
ウルフ・アリス 『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』 9月29日発売 デビュー・アルバム『マイ・ラヴ・イズ・クール』の成功から得た自信、その後の2年間で培った体験や経験の中から得た柔軟な楽器の使用法や空間の捉え方、及び演奏スキル、レコーディング・スキルの飛躍的な向上、それらすべてを…
今週の一枚 ウルフ・アリス 『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』
ウルフ・アリスの新しいアルバムが最高だ
ウルフ・アリスの新作『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』をいち早く聴いたが、これがめちゃくちゃいい。 ノイジーなポスト・パンク、ポップなエレクトリック・ファンク、ネオ・グランジと、前作以上にいろんなスタイルの曲が並んでいて、しかもそれが全部いままでに聴いたことのない全く新鮮な音楽になってい…
ウルフ・アリスの新しいアルバムが最高だ
ウルフ・アリス、「ロック・シーンが停滞しているとは思わない」。ベックからの影響も語る
ニュー・アルバム『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』を9月29日にリリースしたウルフ・アリスだが、この新作がロイヤル・ブラッドの『ハウ・ディド・ウィ・ゲット・ソー・ダーク?』と並んで2017年のUKロックの展望を占う最重要な2ndアルバムであることは間違いない。 ロック的な本能&野蛮が…
ウルフ・アリス、「ロック・シーンが停滞しているとは思わない」。ベックからの影響も語る - 『rockin'on』11月号より
rockin'on 編集部日記の最新記事

最新ブログ

フォローする