ローリング・ストーンズの15日の最終公演にブルース・スプリングスティーン、レディー・ガガ、ザ・ブラック・キーズが客演

ローリング・ストーンズの15日の最終公演にブルース・スプリングスティーン、レディー・ガガ、ザ・ブラック・キーズが客演

ザ・ローリング・ストーンズは12月15日に行われる活動50周年記念ライヴの5回目となる最終公演で、ブルース・スプリングスティーン、レディー・ガガ、ザ・ブラック・キーズと共演することを明らかにしている。

50・アンド・カウンティングと題された今回の50周年記念ライヴ・シリーズだが、この最終公演のみについては全世界でテレビ中継される予定で、日本ではWOWOWで16日の午前11時から『生中継!ザ・ローリング・ストーンズ 50周年記念ライブ ONE MORE SHOT』として放映される。

バンド側は15日の客演について次のように発表している。

「ブルース・スプリングスティーン、レディー・ガガ、ザ・ブラック・キーズなどといった素晴らしいアーティストが今回の50周年記念に協力してくれることになって、世界中のファンとこの一晩を生中継で分かち合ってくれると申し出てくれて本当に楽しみにしているよ。というわけで、一緒にやるのにどういう曲がいいのか思案するという、さらなる楽しみが今始まってるよ」
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする