シタール奏者のラヴィ・シャンカールが他界

シタール奏者のラヴィ・シャンカールが他界

世界的に有名なインドのシタール奏者のラヴィ・シャンカールが92歳で他界した。

ノラ・ジョーンズの父親として、またザ・ビートルズのジョージ・ハリスンにシタールの演奏を教えたことでも有名なラヴィは西洋世界にインド音楽を紹介した人物として知られている。ジョージは生前、ラヴィのことを「ワールド・ミュージックのゴッドファーザー」とも形容したほどだった。

ラヴィは12月11日にカリフォルニア州サンディエゴの自宅近くで息を引き取ったとBBCは伝えていて、遺族によれば先週から入院していたが、手術から回復することがなかったとのことだ。

インドのマンモハン・シン首相はラヴィを「国の宝で、インドの文化遺産の世界への伝播者だった」と追悼している。ラヴィの妻のスカヤナと娘のアヌーシュカは次のように声明を発表している。

「今は悲しみと嘆きの時となりましたが、それと同時にわたしたち全員にとってラヴィとともに人生を過ごすことができたことを感謝し、誇りに思う時でもあります。ラヴィはわたしたちの心とラヴィの音楽の中で永遠に生き続けることでしょう」

シャーラタンズのティム・バージェスは「偉大なるラヴィ・シャンカールがここを出て行ってしまった。素晴らしい才能の持ち主で、ものすごいサウンドの作り手だった」と追悼し、ザ・ビートルズのプロデューサーを長く務めたジョージ・マーティンの息子でやはりプロデューサーのジャイルス・マーティンは「ラヴィ・シャンカールの訃報を知ってとても悲しんでいます。温かさと才能を持った、美しさと洗練を持ち合わせた人でした。きっとジョージもあの世で再会して喜んでいることでしょう」と悼んでいる。

ラヴィはインドの宗教的聖地として知られるバラナシ生まれで、もともと兄弟の舞踊グループに属していたが、その後舞踊を諦め、18歳からシタール演奏の手ほどきを受けるようになった。その後、西洋でも広く知られるようになったラヴィは1967年にはモントレー・ポップ・フェスティヴァルにも出演したが、ジミ・ヘンドリックスのステージでギターを燃やすパフォーマンスには衝撃を受けたと次のように語っている。

「あれはぼくには受け入れられませんでした。ぼくたちの文化では音楽楽器には多大の敬意を払うものだからで、神様の一部のようなものだからです」

ラヴィは死の前にはカリフォルニア州エンチニタスに妻と在住していた。

他にもさまざまなミュージシャンが追悼の念をツイートしている。

ショーン・オノ・レノン「ラヴィ・シャンカールR.I.P.(ご冥福を)http://www.youtube.com/watch?v=OWMTCuYcWPU

フライング・ロータス「ラヴィ・シャンカールは永遠に生き続ける」

トータリー・イノーマス・エクスティンクト・ダイナソーズ「平穏がラヴィ・シャンカールとありますように」

アンノウン・モータル・オーケストラ「ラヴィの火葬の積薪はすごいのだろうと想像してしまう」

ハドソン・モーホーク「くそっ、ラヴィ・シャンカールR.I.P.、ここのところ人が死に過ぎてるよ」

エンリケ・イグレシアス「RT @ivaibhavrai(ヴァイバヴ・ライ):R.I.P.ラヴィ・シャンカール12/12/12」

パトリック・ウルフ「美しく平穏なラヴィ・シャンカールともお別れ@bishi_music(ビシ・バッタチャリヤ)1997年とパトリックとの夢の日々のサウンドトラック」

ダム・ダム・ガールズ「R.I.P.//ラヴィ・シャンカールとフィリップ・グラス- Ragas In Minor Scale! http://www.youtube.com/watch?v=ugIbmTKrcHc&feature=youtu.be

アントン・ニューカム(ブライアン・ジョーンズアウン・マサカー)「ラヴィなしにはこれはなかっただろうhttp://www.youtube.com/watch?v=7VsRSVBI7aoラヴィなしにはこれもなかった http://www.youtube.com/watch?v=wALpnPoS4w4 俺も2本以上持っている https://twitter.com/antonnewcombe/status/278777521510707201/photo/1

(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする