ビリー・ジョー、3月初旬の豪州公演を最後にグリーン・デイが休みに入ることを宣言

ビリー・ジョー、3月初旬の豪州公演を最後にグリーン・デイが休みに入ることを宣言

2月末から3月初頭にかけてオーストラリアで開催されるツアー型フェスティヴァル「サウンドウェイヴ・フェス」へのヘッドライナー出演が決定しているグリーン・デイだが、このフェスの後、しばらく活動休止に入ることを明らかにしている。

BBCラジオに出演したビリー・ジョー・アームストロングは次のように今後の活動について語っている。

「今度オーストラリアに行くことになってて、そこでツアーをやったら、そのまま休みを取ることにしてるんだ。グリーン・デイでは今のところ、大したことは特に何もやってないから。だから、ちょっと他のことをやってみるのもいいんじゃないのかなっていう。また、グリーン・デイを再開させる準備が出来た時には俺たちのバッテリーもしっかり充電されてることになると思うよ」

なお、ビリーは11月27日にノラ・ジョーンズとのデュエットでエヴァリー・ブラザーズの作品をカヴァーしたアルバム『フォーエヴァリー』をリリースしているが、エヴァリー・ブラザーズの1958年のセカンド『Songs Our Daddies Taught Us』の全曲カヴァーとなったこの作品についてビリーは次のように音楽サイトのステレオガムに語っている。

「(オリジナルが)かなり忘れられた作品になっているけど、みんな知っておくべき作品だとも思うからリメイクをやったらおもしろいだろうなとは思ってたんだ。でも、やるんなら女性のヴォーカルと一緒にやりたかったんだよ。そうすることで作品の意味合いが変わってくるように思ったし、意味性も広がるように思ったんだよね。兄弟二人で歌っているのと比較してね」
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする