愛と希望のEXIT! コンビ対談1万字&ソロ2万字×2で令和のニューヒーローに迫る!

愛と希望のEXIT! コンビ対談1万字&ソロ2万字×2で令和のニューヒーローに迫る!

8月19日発売の『CUT』9月号の表紙巻頭特集にEXITが初登場。特集では、CUT5月号に掲載され反響を呼んだ、兼近大樹の2万字インタビューの再録に加え、EXITの歴史を辿るコンビ対談と、りんたろー。の2万字インタビューを新録。全36ページの特集で、現在のEXITになるまでの歩みが語りつくされている。

いまやメディアで見ない日はないほど人気者のEXITだが、ふたりはともに前の相方のトラブルによりコンビを解散した過去がある。コンビでの対談インタビューでは、その後、運命の相方とも言えるお互いに出会い、EXITを結成したときの心境をこう語る。

一度ははっきり(コンビ結成を)断られて。でも僕の中では、組んだら人生変わる!って確信があったので、「100%売れるから、1年だけ俺にくれ」ってLINEしました(りんたろー。)

俺は結局、求められなかった人生なので、誰かにお願いされたり、誰かを助けるってことに、すげえ敏 感なんですよ。そこまで必要とされるって、ないじゃないですか。だから心が動いたのかもしんないです。 それで「じゃあやらせてください」 って言いました(兼近)

対談インタビューでEXITのコンビ史をひもとく一方で、ソロ2万字インタビューでは、それぞれの個人史を深堀り。再録となる兼近大樹の2万字インタビューでは、壮絶な幼少時の話題から芸人を目指した理由、人間としての在り方についてまで、赤裸々に語っている。

二十歳越えて初めて法律違反で捕まったときに、お母さんの前で手錠かけられたんですね。そのときに、お母さん泣いてて。その姿見て、どうすれば泣かないかなって。それで、留置所に入ってるときに、生まれて初めて小説に出会うんです。ピースの又吉(直樹)さんの本を差し入れてくれた方がいて、それを読んだら「おもしれぇ。お笑いかあ」って、初めてお笑い芸人っていう存在を意識しました

さらに、新録で届けるりんたろー。の2万字インタビューでは、サッカーで経験した挫折や家族との関係、最初のコンビを解散し荒れていた頃の心境にも迫っている。

相方を失って毎日酒呑んで、でも自分は諦めてない、まだやれるんだ!って言い聞かせたかった。だから借金して無理やりジムに行ったり、資格を取る学校に通ったりしてました。僕頑張ってますよ!みたいな動きをしながらも、でも根っこは腐ってるっていう、ちぐはぐな感じでしたね

対談で語られたコンビ愛、そして、ロングインタビューで語られたふたりの知られざる歴史はファンならずとも必読だ。ふたりの個性が爆発している“エモい”ビジュアルも、ぜひ、チェックしてほしい。

掲載号の購入はこちらから。

愛と希望のEXIT! コンビ対談1万字&ソロ2万字×2で令和のニューヒーローに迫る!
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする