山崎育三郎×尾上松也×城田優“IMY(曖昧)”でつくる3人の世界、「あいまい劇場 其の壱『あくと』」を語り尽くす

山崎育三郎×尾上松也×城田優“IMY(曖昧)”でつくる3人の世界、「あいまい劇場 其の壱『あくと』」を語り尽くす

CUT12月号には“IMY(あいまい)”こと山崎育三郎さん、尾上松也さん、城田優さんのインタビューが掲載されています。舞台にドラマ、映画にバラエティとジャンルに縛られることなく大活躍中の3人が、満を持して上演する「あいまい劇場 其の壱『あくと』」。ミュージカルでもストレートプレイでもなく、「ジャンル名を付けるとしたら『IMY』」と自ら宣言した完全オリジナルの公演に期待が高まります! そんな本公演に込めた思いを、3人にたっぷりとお伺いしてきました。

僕らのプロジェクト名であるIMY(曖昧)にはまさに物事をはっきりさせないっていう意味があって。当初は語呂合わせだったんですけど、よく考えたら僕らに相応しいなって思えたんですよね。僕らは、ジャンルという垣根を飛び越えることを、この職業はこうだ、とか、こうあるべきだっていう概念を壊して、僕らが面白いと思うものをシンプルに混ぜるということをやりたいんです。それでいつか、後輩たちに「IMYみたいなことをしたい」って思ってもらえたらなって思います(城田)


僕ら3人の共通点としては、それぞれにジャンルを超えた活動をしているっていうのがあるので。松也は歌舞伎俳優でありながらドラマ、ミュージカル、バラエティと全部やっているし、優も僕もそう。たとえば取材でも「山崎さんって何のジャンルの方なんですか?」ってよく訊かれるんですけど(笑)。でも、表現ってもっと自由でいいじゃんって。ただ自分たち3人が今までにない新しい側面を見せて、輝けたらいいよねって思っています(山崎)


自分が主演で、責任ある立場で務める時も楽しみたいと思っていますけど、特にこの3人でやるからこその楽しさがありますから。こうしてゼロから作品を作り上げていく経験って、あまりないんですよね。だからこそ一制作陣としても勉強になった部分は大きいです(松也)


3人の仲良し感がビシビシ伝わってくる、ここだけの撮り下ろしフォトもお見逃しなく! CUT12月号は好評発売中です。(畠山このみ)


CUT12月号は現在以下にて購入可能です。

山崎育三郎×尾上松也×城田優“IMY(曖昧)”でつくる3人の世界、「あいまい劇場 其の壱『あくと』」を語り尽くす
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする