山田裕貴が語る、“役として真摯に生きる”俳優としての熱い想い

山田裕貴が語る、“役として真摯に生きる”俳優としての熱い想い

本日発売のCUT12月号では、音楽劇『海王星』にご出演される山田裕貴さんのインタビューを掲載しています! 近年、数多くの映画やドラマに出演されている山田さんだからこそ感じる舞台の良さや、お芝居に対する考え方など、貴重なお話を伺うことができました。

これまでやってきて思ったのは、(舞台の醍醐味は)空気を感じられることですね。映像の仕事でも、監督やカメラマンさんや録音部さんや照明部さんが一番最初のお客さんと思って臨んでいるので、僕にとっては撮影現場も舞台と同じです。演劇は、空気が止まったり、笑いが起きる瞬間にワーッと沸き上がったり、グルーヴを肌で感じられます。空気を支配しているというか、お客さんと一緒に空気を作っている感覚になれます


僕らがやっているのは基本的にフィクション。嘘から始まるお芝居を本物に近づける、本物を見ているかのように感じていただくには、本当の佇まいがそこになければいけない。それに近づける作業をしているつもりでいます。だから、僕はあまり「お芝居をする」とは言いたくないんです。「役を生きている」と思うようにしているし、本気で「魂ごと変われ!」と思っています。「マジ俺、消えろ! 消えてくれ!」と、そう願うことしかできないんですけど。道具として自分の体を使っているので、僕の癖や名残は芝居に出てきてはいるのですが


誠意を持ったまっすぐな向き合い方に、山田さんの俳優としての力強さを感じました。本誌では、舞台のトーンに合わせた大人な撮り下ろしフォトも掲載! CUT12月号で是非ご覧ください。(小泉麻衣)

CUT12月号は現在以下にて購入可能です。

山田裕貴が語る、“役として真摯に生きる”俳優としての熱い想い
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする