カンヌ映画祭、パルムドールは……

カンヌ映画祭、パルムドールは……

ティム・バートンが審査委員長を務めた第63回カンヌ映画祭で、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の『ブンミおじさん』が最高賞のパルムドールを受賞した。
タイ映画の最高賞受賞は初とのこと。
他にもグランプリにはフランスのグザビエ・ボーボワ監督の『男たちと神々』が輝き、優秀監督賞には『オン・ツアー』を撮ったマチュー・アマルリック監督がゲットした。
残念ながらコンペ入りした北野武の新作『アウトレイジ』は無冠に終わった(まあ、アートというより、エンターテインメントに思い切り振り切った作品なんで、仕方ないと言えば仕方ない。でも、それだけ最高にあがる映画なんで、是非、公開時はチェックしてください)。

6月からは一昨年、ショーン・ペンが審査委員長を務めた第61回カンヌ映画祭でパルムドールに輝いた『パリ20区、僕たちのクラス』が公開されるので、こちらもチェック。(内田亮)

(c) Haut et Court - France 2 Cinema
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする