なぜ僕らはピクサー映画に泣くのか?

なぜ僕らはピクサー映画に泣くのか?

と題して、ピクサー映画を輝かせた愛しいベストキャラ20、憎らしいほど切ない愛すべき悪役キャラ10、という企画をCUT7月号に掲載中。どの映画のキャラも魅力的過ぎて、30には全っ然おさまりきれず、ああ、もどかしい〜!と叫びながら作った特集。キャラを丁寧にひもとくことで、ピクサー映画の思想や魅力の本質が浮かび上がってくる。
『モンスターズ・ユニバーシティ』の記事とともに、編集部や執筆陣の愛情が溢れだすこのテキストも、ぜひ読んで欲しい。

そういえば、『モンスターズ・ユニバーシティ』の前に上映された今回のショート・ムービーも、素晴らしかった。動かない無機物たちに命を与えるピクサー映画の醍醐味にわくわくする。このキャラも、老若男女問わずみんなに愛されるだろう。(井上)
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする