磯部正文のソロ・デビュー作がすばらしい

磯部正文のソロ・デビュー作がすばらしい

Do we Know?/磯部正文
TFCC-89309 TOYS FACTORY
8月25日リリース

リリース前に、もうワンマンやってるし、
(レポート → http://ro69.jp/live/detail/37322
それについてこのブログでも書いたし、
(このへん → http://ro69.jp/blog/hyogo/37293
こないだのROCK IN JAPAN FES.にも、出演ずみ。
(クイックレポート → http://ro69.jp/quick/rijfes2010/detail/38629)。


という、満を持しまくった状態でリリースされる、いっそんのソロ・デビュー・シングルです。
既に報じられているように、プロデュース&アレンジはヒダカトオル。
レコーディング・メンバーは、ギター:本人とアイゴン、ベース:アスパラガス原直央、
ドラム:アジカンキヨシ(1、2曲目)と恒岡章(3曲目)、
あと、プロデューサーもアコギとキーボードで参加。

1、2曲目は新曲で、3曲目は、1972年にアメリカでヒットしたというBREADという
バンドの曲のカヴァー。昔、CAKEもカヴァーした曲です。

で、どれも、「そう! いっそんはこうでしょう!」と叫びたくなるすばらしさです。
あれ9年くらい前だっけ、桑田佳祐が「波乗りジョニー」を出した時に、
「そう! 桑田さんはこれでしょう!」とうれしくなったのを思い出した。
なんか似てる、その時の感じに。

なんというか、そのように、本来の自分の得意技だったりとか、己の最強ポイントだったりとかを、
スッとそのままストレートに出せなくなることが、アーティストには、ある。
それは、「出したくない」場合もあるし、「本当に出せなくなる」場合もあるんだろうと思うが、
とにかく、そうなってしまうことがある、という話です。

桑田さんの場合、当時、インタビューできいたところによると、
ソロを始めた頃、某音楽雑誌に(※弊社ではありません)
「サザンと変わらないじゃないか」と書かれて、「あ、ソロってバンドとは
違うことをやらなきゃいけないのか」と思って、それであえてサザンとは
違うことをやり続けてきたんだけど、それもヘンだなあ、なんかもう、
そういうのは別にいいかなあ、と思って、この曲を書いた。
と、おっしゃっていました。

いっそんの場合、プロデューサーがきっかけになっている。
あんたの最強ポイントはここなんだから、ここをやりなさい!
ここやんなきゃダメ! って、ヒダカプロデューサーにすんごい断定されて、
それでできたのが、このシングルだということです。

その断定されっぷりにオロオロしながら制作していた時のことを、
いっそん、bridge最新号のインタビューで語っています。
おもしろいです。というか、大笑いです、読むと。
「マーズ・リトミックみたいな曲、ダメです!」とまで言われたらしい。
こちらです。ぜひ。→ http://ro69.jp/product/magazine/8

とにかく、「会心の出来」とはまさにこのことだと思う。
おすすめです。

なお、ちょっと前にちらっと会った時、きいたんだけど、
プロデューサー、サウンド・プロデュースやアレンジに留まらず、
レコード会社の宣伝の会議にまで出席しているそうです。
かつての「LD&Kの日高さん」状態ですね。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする