米津玄師の武道館、凄まじかった

米津玄師の武道館、凄まじかった
アルバム『BOOTLEG』発売と同時にスタートしたツアー「Fogbound」の最終日である今日、武道館2daysの2日目。
「思えば遠くへ来たもんだ」と、米津はMCで何度か口にしたが、まさにその言葉通りのステージだった。

とにかく「遠くへ」と念じてその思いのままに走り続けてきた米津玄師。
今日、彼はバンドと音を紡ぎ、辻本知彦、菅原小春というふたりのダンサーと楽曲世界を作り上げ、さらに本編最後には菅田将暉が登場し、“灰色と青”を共に歌った。

そしてその歌が、言葉が、ダンスが、すべてがまっすぐに観客とのコミュニケーションになっていた。

はじまりは、誰も理解してくれないという孤独な場所を抜けて「遠くへ」という思いだったかもしれないが、
今この武道館のステージで、さまざまな関わりのなかで、客席を埋め尽くす大勢の人間と音楽で向き合っているその姿は、とてつもなく美しく、眩しかった。

この場所を通過点にして、これから先どんな景色を見せてくれるのか楽しみでならない。

本当に素晴らしいライブだった。(塚原)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする