KREVA、『存在感』の真意に迫るインタビュー!

KREVA、『存在感』の真意に迫るインタビュー!
現在発売中の『ROCKIN’ ON JAPAN』8月号では、KREVAの新作『存在感』をいち早く聴かせてもらい、その手応えをSCENEの記事に書いた。
とりわけ表題曲の“存在感”は、KREVAがシビアな自己批評を彼自身に突きつけたと思えるような、ある意味ショッキングなリリックを持つ一曲なのである。

そこで、KREVAに『存在感』の真意を問うべくインタビューさせてもらったのだが、こちらの想像を越えてさらにシリアスな話題になり、ちょっと驚いてしまった。

アーティストとして直面した問題を赤裸々に語り、そして彼は『存在感』という作品を生み出すことで、その問題を乗り越えてみせた。
挑戦と発明を繰り返してキャリアを築くKREVAの、最新フェーズに相応しいインタビューになったと思う。
シリアスと言いながら、笑えるエピソードトークも連発だ。

ソロとKICK THE CAN CREWの二足のわらじで走る今のKREVAは、これまでとはまた違う凄味を感じさせている。
そのあたりの話もさせてもらった。極端から極端へ、とんでもない振り幅の表現レンジで活動する姿勢が、8月31日の「908 FESTIVAL
2018」と翌9月1日のキックのワンマンにも表れるのではないだろうか。

インタビュー記事は、7月30日発売の『ROCKIN’ ON JAPAN』9月号に掲載予定です。お楽しみに。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする