星野源のワールドツアー、横浜アリーナ公演を観て

星野源のワールドツアー、横浜アリーナ公演を観て
音楽を誰より楽しむには、誰より一生懸命音楽のことを考えないといけないんだぜ、そしてそれをやるともうこの上ないくらい楽しいんだぜ、と、そんなことをライブ中ずっと伝えられているような気がしていた。

リズムは変幻自在、メロディは躍動していて、言葉は音源で聴くのとはまた違う生命力を持って届けられる。
と書けば簡単だが、すでにある音楽に新しい意味を与え、新しい命を与え、まっさらの楽しさを表現することはとても難しい。
名曲を作ったという成功体験を、さらに純化させた挑戦と遊び心で超えていく試み。
繰り返しの先にあるエモーションを貪りに行く、その試みはどこまでもピュアで、どこまでもクレバーで、そして最高にかっこいいことである。
それは、混じり気のない情熱を懸けてしかるべき、素晴らしい試みだろう。
星野源が今、『Same Thing』を作ったのもそういうことだったのかな、と思う。
あらためて、超かっこいい作品だったと思う。

ビートを浴び、リズムを食らい、メロディに心を躍らせ、なんだか泣きそうになってしまった。
崇高なくらいの好奇心が、星野源らしい親密さですぐ横にあったからだ。
いつにもまして眩しいステージだった。でも、いつもみたいに、星野の歌はすぐ隣にいた。

音楽にまつわる真実を、またひとつ教えてもらった。(小栁大輔)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする