「SHO-SENSEI!! LIVE TOUR 『SCRAP』」ツアーファイナルで、SHO-SENSEI!!の剥き出しの魂に触れた

「SHO-SENSEI!! LIVE TOUR 『SCRAP』」ツアーファイナルで、SHO-SENSEI!!の剥き出しの魂に触れた
11月1日にリリースされた最新EP『SCRAP』を引っ提げて全国を回ってきたSHO-SENSEI!!。そのツアーファイナルとなる恵比寿LIQUIDROOM公演を観た。というか浴びた。

歓声の中SHO-SENSEI!!が登場して1曲目“サザン”が流れ始めると、スマホを掲げる手が一斉に上下し、大合唱が響きわたる。1曲目から熱量が凄まじすぎてクラクラするほど。SHO-SENSEI!!を呼ぶ「しょうたろうー!」という歓声、フロアが揺れるほどの大合唱が混ざり合い、SHO-SENSEI!!と客席が全力でぶつかり合うようなヒリヒリとしたステージに圧倒される。

ステージ上のSHO-SENSEI!!は、必要なことだけ言葉を選びながら話していた。確かに言葉数は少ないが、そのぶん歌詞から、歌声から、パフォーマンスから「伝えたい」という想いが溢れ出していて、その想いは音に乗り、ビームのように一人ひとりの心を貫いていく。客席もそれに応えるように、全身を使って「届いてるよ」と表現している。そんな互いの姿に胸を打たれた。

「ラスト2曲。みんなせっかく来てくれたんだから――俺も絞り出すから絞り出して」と告げたSHO-SENSEI!!は、ギアがもう一段上がったように、痛みすら感じる全身全霊のパフォーマンスを見せてくれた。ラスト“最終列車”ではステージを降り、観客にもみくちゃにされながらハイタッチしていく。そしてアウトロが響く余韻の中、鮮やかにステージをあとにした。

約1時間の濃密すぎる時間。魂に触れるような剥き出しのライブだった。(藤澤香菜)


『ROCKIN'ON JAPAN』1月号の購入はこちら
JAPAN最新号、発売中! King Gnu/SEKAI NO OWARI/SUPER BEAVER/Vaundy/あいみょん/go!go!vanillas 牧 3万字/緑黄色社会/ano/羊文学
11月30日(木)に発売する『ROCKIN’ON JAPAN』1月号の表紙とラインナップを公開しました。今月号の表紙巻頭は、King Gnuです。 ●King Gnu 無敵の王者が生み出した珠玉の最新作『THE GREATEST UNKNOWN』。 ロングインタビュー、新作徹底レビュ…
JAPAN最新号、発売中! King Gnu/SEKAI NO OWARI/SUPER BEAVER/Vaundy/あいみょん/go!go!vanillas 牧 3万字/緑黄色社会/ano/羊文学
ROCKIN'ON JAPAN 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする