プラハフリーライヴ

プラハフリーライヴ

昨日は渋谷のクワトロで、Pragueのフリーライヴがあった。

入場無料とはいえ、このサイズのハコでワンマンやるのは初めてだから、正直不安も抱きつつ見に行ったけど、完全に杞憂だった。
Pragueはやっぱり、Pragueらしいロックを追求するだけ。そのストイックさにブレがないから、彼らは強い。

とはいえ、お客さんとのコミュニケーションの面ではかつてなく積極的。これまで何度もライヴ観てるけど、コール&レスポンスは初めて見た。お客さんも全力でそれに応える。そんなの普通じゃん、と思うかもしれないが、Pragueにとっては革命的な一歩だったと思う。きっとメンバーも感動してたはずだ。

で、そのぶんリミッターを外したかのように、新曲“シェイカーラブ”で轟音の渦に飛び込んでいく彼らも新鮮だった。いい意味で、やりたいようにやるっていいう楽しさを見せ付けてくれたと思う。新作アルバムのインタヴューはJAPAN最新号にて!(松村)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする