スピッツ@Zepp Tokyo

スピッツ@Zepp Tokyo

スピッツ、最高!
と、なんかずっとこのバンドを見てるのにもかかわらず、今更ながら声高に叫びたくなる素晴らしいライヴだった。

まず、ツアー初日である4月9日松戸からしてすごくいいスタートで、その記事を読んだ各地の読者から、次々に、よかった、よかった、というハガキが届くので、ああ、今回は本当にいいツアーなんだなあ、と思っていた。そして、今日のライヴを観て、深く実感した。

新曲も、懐かしい曲も、初々しくてとにかく新鮮。
今のバンド・サウンドが鳴らすことで、“ナイフ”とか“日なたの窓に憧れて”とか“海とピンク”とかが、すごく立体的でスケール感を増していて、感動的だった。
今日、配信が告知された、ゆうちょ銀行のCM“ビギナー”もいい曲。

ワールドカップがらみのMCが満載だったが、なんの脈絡もなく(なくもないが)、マサムネが「ただ都会の絵の具に染まらないで帰って」と“木綿のハンカチーフ”を歌ったり、踊ったり、郷ひろみの真似したりしていたのが、本編とのギャップがあり、なんかいつになくリラックスして弾けた感じで面白かった。

夏フェスが、すごく楽しみになってきた!
(井上)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする