向井秀徳と曽我部恵一

向井秀徳と曽我部恵一

JAPAN JAMのリハに行って来ました。場所はMATSURI STUDIO。

アコギを持った2人がコードを確認しながら、徐々に曲を合わせていく。傍らでひたすら聴く自分。スタジオには他に誰もいない。至福の時間でありました。しかも、あの曲も、この曲も。一通り合わせた後、曽我部が「全曲クライマックス感満載だね」と笑っていた。それだけ凄いってこと。

「JAPAN JAMあるある」じゃないけど毎年終演直後に「えー!そんなことがあったの!!
行けばよかった…」と呟かれる方がいるので、そうならないためにも早めに予定を空けておいて欲しい。(徳山)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする