ロック・スターが特定の相手に捧げたラブ・ソング×ベスト8曲(視聴動画つき♪)

ロック・スターが特定の相手に捧げたラブ・ソング×ベスト8曲(視聴動画つき♪)
ロック・スターが特定の相手に捧げたラブ・ソング×ベスト8曲(視聴動画つき♪)
ロック・スターが特定の相手に捧げたラブ・ソング×ベスト8曲(視聴動画つき♪)
★今日はバレンタイン・デーにふさわしい話題を。

男女を問わず”自分だけに捧げられたラブ・ソング”というのは最高のキラー・プレゼント♪
というわけで、
これまで様々なロック・スター達が「”特定の相手”に捧げて書いたラブ・ソング×8選」を英ラジオ局Radio Xが公開しています。

(1)まずは同局が選んだベスト8の「曲名+アーティスト名+捧げた相手の名前」から。


1, The Beatles - Something
ジョージ・ハリスンが当時の妻=パティ・ボイドに捧げた曲。

2、The Vaccines - Norgaard
ジャスティン・ヤング(ヴォーカル)が当時付き合っていたデンマーク人モデル=Amanda Norgaardに捧げた曲。

3、The Kooks - Ooh-La
ルーク・プリチャード(ヴォーカル)がかつて英音楽学校Brit Schoolに在籍していた頃付き合っていたケイティ・メルア(歌手)に捧げた曲。

4、Oasis - Songbird
リアム・ギャラガーが当時の婚約者=ニコル・アップルトン(後に結婚→数年前に離婚した英女性歌手)に捧げた曲。

5、Bjork - Venus As A Boy
ビョークが当時付き合っていたプロデューサー=Dom T. (Dominic Thrupp)に捧げた曲。

6、Razorlight - Golden Touch
バンドのヴォーカル、ジョニー・ボーレル(懐かしいっ)が当時付き合っていた女性DJ=Mairead Nash(Queens of Noize)に捧げた曲。

7、The Fratellis - Chelsea Dagger
ジョン・フラテリ(ヴォーカル)が昔ダンサーだった妻に捧げた曲。

8、No Doubt - Don't Speak
グウェン・ステファニー(ヴォーカル)が当時別れたばかりの元カレ=Tony Kanal(バンドのベーシスト)に捧げた曲。


(2)上記8曲の視聴動画はこちらのリンクから。

http://www.radiox.co.uk/x-lists/8-love-songs-dedicated-to-specific-people/#6Cqi8YujuEsv53K1.97
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする