エリック・クラプトンがギターを弾いているストーンズの“Brown Sugar”+ボブ・ディランが歌う“Brown Sugar”のレア音源が聴けます♪

エリック・クラプトンがギターを弾いているストーンズの“Brown Sugar”+ボブ・ディランが歌う“Brown Sugar”のレア音源が聴けます♪

★「ザ・ローリング・ストーンズが嫌いなんて言う奴はもともとR&R自体が向いてないんじゃない?」
というのがファンやジャーナリスト連中の間でも通評になっているほど「R&Rバンドのエッセンスが詰まった権化」と見なされている英国の生ける人間国宝=ストーンズですが、

週末目前の今日は、そんなストーンズ関連のレア音源×2をご紹介♪

(1)まずは1970年12月(キース・リチャーズの27歳の誕生日)に、
ロンドンのオリンピック・スタジオで録音された【エリック・クラプトンがスライド・ギターを弾いている“Brown Sugar”のレア・バージョン】。

https://faroutmagazine.co.uk/rolling-stones-brown-sugar-eric-clapton-slide-guitar-rare/

жキース自身は「クラプトンのバージョンのほうが気に入っていた」らしいが、
結局71年リリースのアルバム『Sticky Fingers』オリジナル版には収録されなかった、との裏話も。

(2)続いてこちらはボブ・ディランが【2002年のツアー中に@シアトルKey Arenaでカバーした“Brown Sugar”のライブ音源】。

https://faroutmagazine.co.uk/bob-dylan-rolling-stones-brown-sugar-cover-2002-video/

жディランはブライアン・ジョーンズが急死した際の葬儀でも、
「バンド・メンバーのミック&キースさえ出席しなかった(当時はストーンズのメンバー同士の仲が最悪だった)」にもかかわらず、
「純銀+青銅製の高価な棺を特注し、わざわざアメリカから送った」というエピソードもあるほど初期からストーンズとの親交が深かった。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


エリック・クラプトンがギターを弾いているストーンズの“Brown Sugar”+ボブ・ディランが歌う“Brown Sugar”のレア音源が聴けます♪ - 『rockin'on』2020年12月号『rockin'on』2020年12月号
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする