ギブソン社が選んだ「史上最高のロック・ドラマー×10人」

ギブソン社が選んだ「史上最高のロック・ドラマー×10人」

★つい先日も「最も偉大なギター・ロック・イントロを持つ10曲」のランキング(→http://ro69.jp/blog/kojima/77378)を発表していた米ギター・メーカーのギブソン社ですが、

今度は「史上最高のロック・ドラマー×10人」を発表しています。

☆トップ10のランキングはこんな感じ。

1、ジョン・ボーナム(レッド・ツェッペリン)
2、ニール・パート(ラッシュ)
3、キース・ムーン(ザ・フー)
4、デイヴ・グロール(ニルヴァーナ、フー・ファイターズ、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ)
5、ラーズ・ウルリッヒ(メタリカ)
6、マイク・ポートノイ(ドリーム・シアター)
7、ジンジャー・ベイカー(クリーム)
8、ジョッシュ・フリース(ア・パーフェクト・サークル、Devo、ナイン・インチ・ネイルズ)
9、スチュアート・コープランド(ザ・ポリス、Oysterhead)
10、リンゴ・スター(ザ・ビートルズ)

日本の皆さんはいかがでしょう?このセレクションと、この順位。
やっぱり!!!な顔ぶれでした?
それとも???

★「史上最高のロック・ドラマー10人」のライヴ動画はこちらで見れます。

http://www2.gibson.com/News-Lifestyle/Features/en-us/Drum-Roll--The-Top-10-Rock-Drummers-of-All-Time.aspx
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする