大注目の新人・桐嶋ノドカを観た

大注目の新人・桐嶋ノドカを観た
今日は、新人・桐嶋ノドカのライヴを観た。


いい歌を歌う新人にはよく出会えるし、いい曲を書ける新人にもたまに出会える。
タイミングときっかけ次第で化けそうだなと思うこともやはりある。

だが正直、この人のことはよくわからない。
まだ荒削りなのは間違いないが、でも同時にこれが彼女の魅力の最強状態なのではないかとも思う。
逆にいえば、そう思わせるだけの圧倒的な強さがある。
何らかの輪郭に押し込めるには、その歌声と佇まいには爆発的な何かが溢れすぎている。

桐嶋ノドカの歌を、あえてひと言で表現するなら、

reckless

直訳するなら「向こう見ず」とか「無謀な」という意味だが、もっと正確にいうと、「何も厭わない」歌い手、という感じだ。

プロデューサーに見出されてから、3年間の準備を経てのデビューということになるそうだ。
なるほど、その歌には、「3年間」の厳しさや悔しさや成長がそれ以上でもそれ以下でもなく、きっちり「3年分」込められている。
そういうふうに、実直に成長してきた/成長していく人なのだろう。

サウンドプロデュースは小林武史。
楽曲は彼女自身が書いている。
中でも、”風”という楽曲がとにかく素晴らしい。
この曲を書いた彼女にはピュアに強い興味がわいてくる。話をしてみたい。

多くのリスナーの尺度をガンガン壊しながら、そして、新たな繋がり方を作り出しながら、奔放に進んでいってほしい。
小栁大輔の「にこにこちゅーんず」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする