リンキン・パークからチェスターへの追悼文公開。「君がいなくなった穴は二度と埋められない」全文訳。

リンキン・パークからチェスターへの追悼文公開。「君がいなくなった穴は二度と埋められない」全文訳。

リンキン・パークが、チェスターが亡くなってから4日、沈黙を破りバンドとして初めて文書を公開した。亡きバンドメイトに当てた悲痛な内容になっている。以下全文訳。


「親愛なるチェスター、

僕らの心は張り裂けている。何が起きてしまったのか分かった瞬間、僕ら全員、果てしない悲しみの衝撃と拒絶に襲われるんだ。

君はあまりにたくさんの人達の人生に感動をもたらした。もしかしたら、君ですらそれがどれくらいの人達だったのか、分かっていなかったんじゃないかと思うくらいだ。この数日、君への愛と、支援が、世界中の人達から、公にまたは直接、溢れ出てくるのを目撃しているんだ。Talida(チェスターの奥さん)も家族もみんな、君がいかに最高の夫であり、息子であり、父親だったのか、世界に伝えて欲しいと言っている。そして、君の家族は君なしでは二度と欠けたもののない完全になることはないと。

一緒にこれから先数年のことを話していた時の君の興奮は、僕ら全員も興奮させてくれた。君がいなくなって空いてしまった穴は二度と埋めらない。賑やかで、面白くて、野心があって、クリエイティブで、優しくて、思い遣りのあるあの声を僕らは失ってしまったんだ。今僕らが思っているのは、君を僕らから奪ってしまった悪魔は、最初から込みだったということ。なぜなら、君がその悪魔についていかにして歌ったのかが、みんなが君を大好きになってしまった元々の理由でもあったわけだから。君はそれをまるで恐れることなく表現してくれた。そしてそうすることで、僕らを団結させてくれたし、いかにしてより人間らしくなれるのかを教えてくれたんだ。君は最も大きな心の持ち主であり、それを常に僕らにも分かるように見せてくれた。

僕らの音楽作り、そしてパフォーマンスへの愛は、絶対になくなることがない。現時点では、バンドとして今後どのような道を進むことになるのか分からないけど、唯一分かっているのは、君がいてくれたおかげで、僕ら全員の人生がより良いものになっていたということ。君の才能に感謝したい。君のこと愛している。君がいなくなってしまって本当に寂しい。

次にまた会う時が来るまで。

LP

http://chester.linkinpark.com/ (チェスターが亡くなってバンドが開設した自殺防止センターの連絡先)」
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする