〈オスカー直前!〉米各メディアのオスカー予想まとめ。今年は難しい!!!

〈オスカー直前!〉米各メディアのオスカー予想まとめ。今年は難しい!!!

今年のオスカー予想は難しい。理由のひとつは、作品賞の興行成績がこの6年で最も低い年であるということ。つまり、どれも良作なのだが、大ヒット作ではなくて、ずば抜けた作品がないこと。前にも書いたけど、1億ドルを超えたのは、『ダンケルク』と、『ゲット・アウト』だけだ。だから10枠あるのに『ワンダー・ウーマン』を選ばなかったことが大ブーイングとなったのだが。結果、どれも良作なだけに、甲乙つけがたくなっている。さらに各作品が今のトランプ政権、アメリカを何らかの形で映し出しているので、そことアカデミー会員がどう向き合うのかもまた大事になってくるのだ。

1)ただし、まず俳優部門の4人は以下の4人でほぼ間違いないと思う。違ったら大番狂わせということになる。

2)難しいのは、作品賞と、監督賞だ。とは言え、各メディアどこも結局『シェイプ・オブ・ウォーター』を選んでいる。それはこれまでの結果をもとに選んでいるのであって、どの媒体も自信満々という感じではない。『シェイプ・オブ・ウォーター』と言い切るには絶対的なこの作品への愛が少し足りないとしながらも消去法で選んでいるのだ。ここは、『シェイプ・オブ・ウォーター』と、『スリー・ビルボード』と、『ゲット・アウト』の3本。当日どこに転んでもおかしくない。『スリー・ビルボード』にはちょっとした論争があって、それは、サム・ロックウェルの演じる人種差別主義者の警官が映画の中で許されていると思う、というもの。今のアメリカではそれは違うと言い出す人がいるのだ。しかし、監督はそういうつもりで描いていないと語っているし、個人的にもそれは違うと思う。『ゲット・アウト』は、黒人監督による人種差別を描いた作品なので、最初から観てもいない会員がいるとも言われている。なので、その2作品にどこか不利な点があり、『シェイプ・オブ・ウォーター』が残る、という考え方。

3)ゲイリー・オールドマンが引退していたところを無理やりお願いして、カムバックしてもらった日本人アーティストの辻一弘がメイクアップ&ヘアスタイリングでオスカーを獲るのはほぼ間違いないと思う。

4)カメラマンのロジャー・ディーキンスは、過去に何と13回もノミネートされ一度も受賞していない。今回『ブレードランナー2049』で14回目のノミネート。とうとう獲るのではと言われている。コーエン兄弟の作品はほとんど彼が撮影を務め、『ノーカントリー』と『ジェシー・ジェームズの暗殺』では同じ年に2作品でノミネートされていることもあった。

以下各メディアの予想だ。こちらに印刷できる全候補のリストがある。
https://www.vanityfair.com/oscars-ballot/vanityfair-oscars-2018-ballot.pdf

作品賞
『シェイプ・オブ・ウォーター』 Variety
『シェイプ・オブ・ウォーター』EW(エンターテイメント・ウィークリー)
『シェイプ・オブ・ウォーター』Hollywood Reporter
『シェイプ・オブ・ウォーター』Rolling Stone
『シェイプ・オブ・ウォーター』/『スリー・ビルボード』/『ゲット・アウト』IndieWire
『ゲット・アウト』Vanity Fair
『シェイプ・オブ・ウォーター』Boston.com


監督賞
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)Variety
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)EW
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)Hollywood Reporter
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)Rolling Stone
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』Indiewire
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)Vanity Fair
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)Boston.com

主演女優
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)Variety
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)EW
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)Hollywood Reporter
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)Rolling Stone
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)IndieWire
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)Vanity Fair
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)Boston.com

主演男優
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)Variety
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)EW
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)Hollywood Reporter
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)Rolling Stone
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)IndieWire
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)Vanity Fair
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)Boston.com

助演女優
アリソン・ジャニー(『アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル』)Variety
アリソン・ジャニー(『アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル』)EW
アリソン・ジャニー(『アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル』)Hollywood Reporter
アリソン・ジャニー(『アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル』)Rolling Stone
アリソン・ジャニー(『アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル)/ ローリー・メトカーフ『レディ・バード』IndieWire
アリソン・ジャニー(『アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル』)Vanity Fair
アリソン・ジャニー(『アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル』)Boston.com

助演男優
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)Variety
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)EW
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)Hollywood Reporter
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)Rolling Stone
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)IndieWire
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)Vanity Fair
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)Boston.com

脚本賞
『スリー・ビルボード』(マーティン・マクドナー)Variety
『スリー・ビルボード』 EW
『ゲット・アウト』(ジョーダン・ピール)Hollywood Reporter
『ゲット・アウト』Rolling Stone
『ゲット・アウト』/『レディ・バード』(グレタ・ガーウィグ)IndieWire
『ゲット・アウト』)Vanity Fair
『ゲット・アウト』)/『スリー・ビルボード』 Boston.com

脚色賞
『君の名前で僕を呼んで』(ジェームズ・アイボリー)Variety
『君の名前で僕を呼んで』EW
『君の名前で僕を呼んで』Hollywood Reporter
『君の名前で僕を呼んで』Rolling Stone
『君の名前で僕を呼んで』IndieWire
『君の名前で僕を呼んで』Vanity Fair
『君の名前で僕を呼んで』Boston.com

撮影賞
『ブレードランナー2049』Variety
『ブレードランナー2049』Hollywood Reporter
『シェイプ・オブ・ウォーター』Rolling Stone
『ブレードランナー2049』/『ダンケルク』IndieWire
『ブレードランナー2049』Vanity Fair
『ブレードランナー2049』Boston.com

長編アニメ賞
『リメンバー・ミー』Variety
『リメンバー・ミー』Hollywood Reporter
『リメンバー・ミー』IndieWire
『リメンバー・ミー』Vanity Fair
『リメンバー・ミー』Boston.com

外国語賞
”A Fantastic Woman” Variety
“The Insult” Hollywood Reporter
“The Square” Rolling Stone
“A Fantastic Woman”/“The Squre” IndieWire
Vanity Fair “A Fantastic Woman” Vanity Fair
“A Fantastic Woman” Boston

ドキュメンタリー
“Icarus” Variety
“Icarus” Hollywood Reporter
“Faces Places” Rolling Stone
“Faces Places” /“Last Men in Aleppo” IndieWire
“Faces/Places” Vanity Fair
“Faces/Places” Boston

作曲賞
『シェイプ・オブ・ウォーター』Variety
『シェイプ・オブ・ウォーター』Hollywood Reporter
『シェイプ・オブ・ウォーター』Rolling Stone
『シェイプ・オブ・ウォーター』/『ファントム・スレッド』IndieWire
『シェイプ・オブ・ウォーター』Vanity Fair
『シェイプ・オブ・ウォーター』Boston.com

歌曲賞
『グレイテスト・ショーマン』Variety
『リメンバー・ミー』Hollywood Reporter
『リメンバー・ミー』/『グレイテスト・ショーマン』IndieWire
『リメンバー・ミー』Vanity Fair
『リメンバー・ミー』Boston.com

音響編集賞
『ダンケルク』Variety
『ダンケルク』Hollywood Reporter
『ダンケルク』IndieWire
『ダンケルク』Vanity Fair
『ダンケルク』Boston.com

録音賞
『ダンケルク』Variety
『ダンケルク』Hollywood Reporter
『ダンケルク』/『ベイビー・ドライバー』IndieWire
『ベイビー・ドライバー』
『ダンケルク』Boston.com

美術賞
『シェイプ・オブ・ウォーター』Variety
『ブレードランナー2049』Hollywood Reporter
『シェイプ・オブ・ウォーター』/『ブレードランナー2049』IndieWire
『シェイプ・オブ・ウォーター』Vanity Fair
『シェイプ・オブ・ウォーター』Boston.com

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(辻一弘)Variety
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』Hollywood Reporter
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』IndieWire
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』Vanity Fair
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』Boston Globe


衣装デザイン賞
『ファントム・スレッド』Variety
『ファントム・スレッド』Hollywood Reporter
『ファントム・スレッド』IndieWire
『ファントム・スレッド』Vanity Fair
『ファントム・スレッド』Boston.com

編集賞
『ダンケルク』Variety
『ダンケルク』Hollywood Reporter
『ダンケルク』/『ベイビー・ドライバー』IndieWire
『ダンケルク』Vanity Fair
『ダンケルク』Boston

視覚効果賞
『ブレードランナー2049』Variety
『ブレードランナー2049』Hollywood Reporter
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』IndieWire
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』Vanity Fair
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』Boston.com

短編ドキュメンタリー賞
“Heroin(e)” Variety
“Heaven is a traffic jam on the 405” Hollywood Reporter
“Heroin(e)” IndieWire
“Heroin(e)” Vanity Fair
“Heaven is a traffic jam on the 405”

短編映画賞
“Dekalb Elementary” Variety
“The Eleven O’Clock” Hollywood Reporter
“Dekalb Elementary”/“The Silent Child” IndieWire
”Dekalb Elementary”Vanity Fair
“Dekalb Elementary” Boston.com

短編アニメ賞
“Dear Basketball” Variety
“Dear Basketball” Hollywood Reporter
“Dear Basketball”/“Revolting Rhymes” IndieWire
”Dear Basketball” Vanity Fair
“Dear Basketball” Boston.com
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする