現在、全国ツアー中。アカシック、ライブへの情熱を語る

現在、全国ツアー中。アカシック、ライブへの情熱を語る

3月に1stフルアルバム『凛々フルーツ』をリリースし、現在「日本凛々ツアー」の真っ最中のアカシックに「ライブ」をテーマにした取材をしました。

インタビューの現場にメンバー全員、理姫(Vo)、奥脇達也(G)、黒川絢太(B)、Hachi(Key)、山田康二郎(Dr)が集合。『凛々フルーツ』の曲は、ライブでも大いに威力を発揮しているそうです。感じている手応え、ライブに対して抱いているポリシー、6月まで続く全国ツアーへの意気込みを語ってくれました。

アカシックのライブは、予想がつかない場面の連続なのも魅力です。先日、行われたツアー初日・横浜公演では、ベイスターズのユニフォームに着替えた理姫がフロアに乱入。そんなエンターテインメント性の根底にあるのは、「来てくれたお客さんには目一杯に楽しんでもらわなければいけない!」という義理堅さ、誠実さであることがよく分かる取材となりました。記事はRO69の特集に掲載中です。

写真をご覧頂ければ分かる通り、aikoのTシャツを着ていた理姫。aikoのライブにはまだ行ったことがないそうですが、グッズは通販でよく買っているみたいです。理姫にとって、aikoグッズは、お気に入りの洋服ブランド的な存在になっていると言っていました。

ズボンの尻ポケットに入れていた財布とスマホを、奥脇が何度もうっかり床に落下させていたのも、妙に印象に残っています。正確に数えていたわけではないのですが……約1時間のインタビュー中に財布とスマホ、それぞれ4回ずつぐらい落としていたと思います。彼は落とし物をすることが普段から多いそうですが、ツアー中に困った事態にならないように願っています。メンバーたちからも「財布に紐とかつけた方がいいんじゃないの?」という声が上がっていました。(田中大)

【特集】アカシック 過剰なサービス精神が炸裂する「ライブの心得」に迫る
http://ro69.jp/feat/akasick_201605
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする