必見!! フォーメーション、初の単独来日公演は今夜! 直前予習はこちら

必見!! フォーメーション、初の単独来日公演は今夜! 直前予習はこちら

今年、絶対に注目すべきバンドのひとつ、フォーメーションが、本日初の単独来日公演を開催!
20:00~@原宿アストロ・ホールにて。
19:00より当日券も発売されるので、興味がある方はぜひ!!
“A Friend”は本当にはまる。これを聴くと、ライヴを観たい衝動に抗えなくなるなると思う……。

UKウィンブルドン出身、ウィル(Vo)&マット(Key)という双子の兄弟を中心にしたギターレスの5人組。
政治的なメッセージや、人種や民族、音楽的ジャンルを超えた姿勢からクラッシュ、パブリック・エネミー、PiLを、あるいはヒップホップもアフロビートもハウスも融合したサウンドからカサビアン、LCDサウンドシステムといった名前を引き合いに出されることが多いが、
本人らは、ウータン・クランとイエスに大きな影響を受けているという。

また、曲作りのこだわりとして、「複雑さをできるだけ排除してパーツや曲を構築している。それが自分たちがヒップホップから受け継いだ最大の要素だと思うから」とも。

4月19日にリリースされた『ルック・アット・ザ・パワフル・ピープル』を機に、ロッキング・オン本誌でもインタヴューを掲載中なのでぜひ読んでほしい(上記写真参照)。
記事中でウィルは、ギターレスの理由を、「そもそも普通のバンドがやりたくて始めたわけじゃないから」と語っている。

自分たちにとっての日常から、ごく自然発生的に生まれたのだろうが、
存在自体がクロスオーヴァーだらからこそ、今、この世界でフォーメーションのサウンドはものすごくリアルに響く。(井上貴子)

元ザ・ストリーツのマイク・スキナーがMV監督をつとめた“ Powerful People”はこちら↓


rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする