リンキン・パークの大冒険作『ワン・モア・ライト』を聴いたか? 本日発売!

リンキン・パークの大冒険作『ワン・モア・ライト』を聴いたか? 本日発売!
リンキンのことを知っている人ほど、聴いた瞬間、びっくりするに違いない。
「あれ、間違えた?」と一瞬、思うかもしれない。
バンドにとってはもちろんそれも想定内の大冒険作、でもシーンにとっては超ど真ん中!というわくわくする新作『ワン・モア・ライト』が、ついに本日今日発売された。
今の音楽シーンに、バンドが一体となって向き合った結果生まれた素晴らしい作品を、あなたはどう感じるか?

あたたかな光を、夢の中で追い求めているような感触を個人的には感じたのだが、それがメンバーそれぞれのリアルな(時にヘヴィーな)日常から生まれているというのも感慨深い。
現在発売中のロッキング・オンのインタヴューでは、そうした制作秘話がしっかり語られているのでぜひ読んでほしい。
リンキン・パークの大冒険作『ワン・モア・ライト』を聴いたか? 本日発売! - 『rockin'on』2017年6月号より『rockin'on』2017年6月号より

そして次号6/1発売号には、米ツアー&来日公演での共演を前にした、ONE OK ROCK・Takaと、チェスター&マイクとの対談を表紙巻頭特集にて掲載!
リンキン・パークの大冒険作『ワン・モア・ライト』を聴いたか? 本日発売!
その会話の中でマイク・シノダは、「何よりもヴォーカルが輝くようにと、それを第一に考えて曲を作ったのは、今回が初めて」と語っている。
「歌」というバンドの武器に、もう一度新たな気持ちで向き合った点は、ONE OK ROCKの『Ambitions』にも共通すると思う。

レコーディングの様子を少しずつ公開してきたリンキン・パークだが、その“ヘヴィー”誕生の様子は短いながらもエモーショナルで何度も観た。
アルバムの完成された世界観を満喫したあとに、なぜかもう一度観たくなった。(井上貴子)

ライヴがひたすら楽しみになってくる“ヘヴィー”ライヴ・ヴァージョンはこちら↓


公開中のPVはこちら↓




リンキン・パークの大冒険作『ワン・モア・ライト』を聴いたか? 本日発売!
rockin'on 編集部日記の最新記事

最新ブログ

フォローする