デヴィッド・ボウイのアプリ:ニューヨーク&『★』 編

デヴィッド・ボウイのアプリ:ニューヨーク&『★』 編
デヴィッド・ボウイのアプリ:ニューヨーク&『★』 編

デヴィッド・ボウイのARアプリ、まだ体験していない方のためへの一部ちら見せ画像シリーズ。
『★』のレコーディングを一緒に行ったサックスのダニー・マッキャスリン(そしてベースのティム・ルフェーブル、キ-ボードのジェイソン・リンドナーも)来日公演にちなんで、今回は『★』、そしてニューヨークのセクション。

個人的に印象的だったのは、ボウイ自身が1994年に描いたニューヨークの2枚のドローイングだ(上写真に左端に少しだけ見えています)

1994年といえば、イマンと結婚し、ティン・マシーンに一旦区切りをつけ、アルバム『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』をリリースした、その翌年。
チェンジズだらけのボウイにとってすら大きな転機であり、アーティストとしても4~5度目くらいの再出発の時期となる。『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』には、サックスが久しぶりに大フィーチャーされていた。


50歳のバースデー誕生日コンサートのために作成されたトニー・アウスラーの指人形は、その後の“リトル・ワンダー”や“ホエア・アー・ウィ・ナウ”のPVにも登場している。

人が通り過ぎる影のような照明演出が効果的で、ボウイの存在感を静かに感じさせるセクションだ。

デヴィッド・ボウイのアプリ:ニューヨーク&『★』 編
そして、『★』セクションは、最後のニューヨーク展でのみ展示された“★”の手書きの歌詞、そのPVに出てきた手帳や“ラザルス”のアイディア・スケッチなど。

『ダイアモンドの犬』のハンガー・シティの映画化へのスケッチや、“アッシュズ・トゥ・アッシュズ”のPVイメージとまったく同じように、カラフルなペンで彩られている。彼の頭の中は、いつも未来の創作へのイメージとエネルギーでいっぱいだったのだ。
日本展では展示されたなかったこれらの展示を観るためだけでも、このARアプリの価値はある。


ダニー・マッキャスリンは、ブルーノート・ライブで“ラザルス”も披露。
この曲のイントロでサックスが入ってくるあの瞬間は本当に鳥肌が立つ。ボウイが、レコーディング・メンバーと一緒にライブをやれなかったことは、本当に残念で仕方がないが、素晴らしい楽曲と精神が受け継がれていることはとても嬉しい。
公演によっては“ルック・バック・イン・アンガー”(『ロジャー』)も演奏された。(井上貴子)


デヴィッド・ボウイのアプリ、もう体験しましたか?:スターマン&ジギー編
というリマインドの意味もこめて、ARアプリ「DAVID BOWIE is 」に内蔵された場面の写真を、本ブログ独占でアップします。まだダウンロードしてない方、これが動かせると想像しながらご覧下さい。 「ジギー・スターダストとして初めてTV出演した時の映像(72年英国番組)が発掘される…
デヴィッド・ボウイのアプリ、もう体験しましたか?:スターマン&ジギー編
ボウイの『★』メンバーらとともにダニー・マッキャスリンが来日中! 東京3デイズは今日から
昨年リリースされたダニー・マッキャスリンの新作『ブロウ』は、デヴィッド・ボウイの遺作『★』と同じ音が鳴っている。 ダニー・マッキャスリン(サックス)、マーク・ジュリアナ(ドラムス)、ティム・ルフェーブル(ベース)、ジェイソン・リンドナー(キーボード)という同じメンバーから生まれたサウ…
ボウイの『★』メンバーらとともにダニー・マッキャスリンが来日中! 東京3デイズは今日から
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする