「One World」を観ている。ストーンズが凄すぎた。

「One World」を観ている。ストーンズが凄すぎた。
それぞれのメンバーが自分の部屋で演奏している様子が、4分割された画面に映し出されるのだが、その状態でもあのストーンズ・グルーヴが出現する凄さに圧倒される。
チャーリー・ワッツのドラムが入った時、全身に鳥肌が立った。
キースの手数の少なさはいつも通りなのだが、そこに写っている存在感がモンスター級で笑える。
参加アーティストの音楽に出来ることは、まさにエンターテイメント、人を楽しませることなのだ、という真摯な姿勢に徹していることに心が動かされる。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする