ヨンシーの新しいソロ作「シヴァー」は心を切り裂くような「別れ」がテーマのアルバム。どこまでも沈んでいくヨンシーは、僕たちのよく知る彼。でもそれをポップに昇華してみせるヨンシーは、僕たちが新しく知る彼。

ヨンシーの新しいソロ作「シヴァー」は心を切り裂くような「別れ」がテーマのアルバム。どこまでも沈んでいくヨンシーは、僕たちのよく知る彼。でもそれをポップに昇華してみせるヨンシーは、僕たちが新しく知る彼。
10年、共に過ごしたアレックスとの「別れ」が大きなテーマとなっている。ヨンシーのアレックスへの愛の大きさを知るファンは、この別離がどれほど彼を苦しめたか痛いほど分かるはずだ。
実際、聞いていて息苦しくなるような痛みが伝わって来る曲もある。
しかしアルバムは決して暗く重いだけの作品になっていない。
プロデューサーのA.G.Cookの役割は当然のこと大きいが、あえて自らの悲しみを対象化するために第三者の視点を導入したヨンシーの強さがこの作品にポップなパワーを与えたのだと思う。明日の番組で紹介したい。
ここでは明日、紹介できない2曲のMVをあげておく。

https://www.youtube.com/watch?v=-gPmPp5yTn4

https://www.youtube.com/watch?v=U44-xky1vjw
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする