これは2022年の「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」か?4年ぶりのビーチ・ハウスの新作は70年代プログレ感が強烈にある。全18曲、4部構成という大作感もプログレっぽい。まずはこの曲を聞いて欲しい。

これは2022年の「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」か?4年ぶりのビーチ・ハウスの新作は70年代プログレ感が強烈にある。全18曲、4部構成という大作感もプログレっぽい。まずはこの曲を聞いて欲しい。

これは彼らの音のスタイルが変わったわけではなく、徹底して自分たちのスタイルを追求していったらこうなったという作品。だから変わっていないと受け止める人もいるだろう。でも僕には大きな変化と感じられた。
番組ではかけられなかったアルバム・タイトル・ナンバーの「ワンス・トゥワイス・メロディ」のビデオ。
初のセルフ・プロデュース作になったのも必然だと思う。
今夜の番組で、いかにプログレかを聞いて確かめて欲しい。

渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする