星野源の武道館追加公演を観た

星野源の武道館追加公演を観た
いわゆるJポップの「過剰反応としての楽しさ」とは違う、リラックスした楽しさ。
いわゆる文系ポップの「情報過多による感動」とは違う、奥深い物悲しさ。

これだけエンタテインメントなライブなのに、まるで流れる川をただ眺めているような「痴呆感」も感じさせるところが星野源の「才」だと思う。


だから僕は今回のツアーでの星野源を「歌って踊る諸行無常」と呼んでいる。

今回のツアー、本当に楽しかった。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事

最新ブログ

フォローする