カサビアンをソニックマニアで観た

カサビアンをソニックマニアで観た
カサビアン、強い。
デビュー以来ずっとUKロックの主役の座に君臨しているが(そんなバンド、今世紀のバンドにはほとんどいない。あとはミューズとアークティック・モンキーズぐらいだ)、その理由を叩きつけられたような体験だった。
とにかく、ふてぶてしいまでに堂々としている。
すべてのビート、リフ、フック、ブリッジ、を自信たっぷりにガンガン繰り出していく。
それがもう理由もなく気持ちいいのだ。
思えば「クラブ・フット」でデビューしてきた時に感じたかっこよさはまさにそれだった。
理由なき高揚感だった。
それが100%そのまま、さらにスケールアップして展開された。

最新ブログ

フォローする