おいしくるメロンパンを赤坂BLITZで観た

おいしくるメロンパンを赤坂BLITZで観た
アルバム『hameln』のレコ発ツアーのファイナル。
バンドをスタートして3年でBLITZがソールドアウトするという、熱い支持のされ方には驚く。

3枚のアルバムがリリースされたことでセットリストに厚みが出て、おいしくるが本来持っている物語性やスケール感が存分に出せるようになった。
アニメや映画のような、あるいは「おいしくるメロンパンという夢」のような幻想的な世界観を描きながら、所々で容赦のないアグレッシブな曲を突き刺してくる。
ロックバンド・おいしくるメロンパンがいよいよ本格的に始まった、と思わせてくれるいいライブだった。(山崎洋一郎)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする