レモン・ツイッグスを渋谷O-Eastで観た

レモン・ツイッグスを渋谷O-Eastで観た
初来日のフジロックの時は、弟はドラマーとしてもプレイしていたが、今回は完全にフロントマン。
しかも近年稀に見る強烈なキャラとパフォーマンスで、カリスマ性すら身につけたスーパー・フロントマンと化していた。
クールなお兄ちゃんのトッド・ラングレン的な正統派ポップロックのヴォーカルと、弟の天才肌でフリーキーなヴォーカルとが交互に攻めまくるネオ・グラムロックは強烈の一言。
最近のロックバンドには何か欠けているなぁと漠然と思ってたが、この過剰さだった。
素晴らしいステージ。
フェスの大きなステージで観たい。(山崎洋一郎)
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする