エレカシ宮本の今の状況について

エレカシ宮本の今の状況について

宮本浩次の突発性難聴の為、エレファントカシマシがライブ活動をしばし休止することが告知された。
少し前に本人からも知らされていたが、いろいろなことが決まって正式に告知されるまではここにも誌面にも書けなかった。
耳の具合は日によってまだ不安定で、ライブはやはり無理だろう。
だがそれ以外の生活にはほとんど支障ない状態で、先週の金曜日にインタビューで会った時もいつもの元気はなかったが、大丈夫だろうと思う。
インタビューではシングル「ズレてる方がいい」のこと、そして今回の病気のことも、抱えていたものをすべて吐き出すように話してくれた。
別れ際には、少し晴れやかな顔になっていたので安心した。
それでも、野音や武道館を中止せざるを得ない事は本人にはそうとう重いことなのだろう。
インタビューの後にも何度か電話があり、相談された。
長い間、ずっと全身全霊を賭けて闘ってきたエレファントカシマシ、宮本浩次のしばしのライブ活動の休息を、優しく見守り、再開を心待ちにしようじゃないか。



※写真は春に撮影した時のものです。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする