待望の初来日は2月! フォンテインズD.C.、渾身のサード『スキンティ・フィア』のインスピレーション源を語る

待望の初来日は2月! フォンテインズD.C.、渾身のサード『スキンティ・フィア』のインスピレーション源を語る
新年早々怒濤の来日ラッシュが続きますが、ウェット・レッグと並びギターロック好きは見逃し厳禁!な2月の初来日組と言えばフォンテインズD.C.

共に今をときめくプロデューサー:ダン・キャリーの秘蔵っ子であり、過去数年のUK/アイルランドのインディシーンの熱気に、直に触れる意味でも必見のライブだと思う。

2019年のアルバムデビューからたった4年弱で、荒削りなガレージロックンロールからポストパンク、最新作『スキンティ・フィア』ではゴス〜シューゲイズへ音楽的な裾野をガンガン広げスケールアップしてきた急成長株のフォンテインズ。

そのローラーコースターのような変遷ぶりに「名前は聞いたことがあるけど、よく知らないな……」という方もいるかもしれませんが、まだ遅くありません!

というわけで、次号ロッキング・オンは大成長作『スキンティ・フィア』の背景や影響を探った貴重なインタビューを掲載します。

この非常に興味深い記事を読めば、今最も熱いバンドのひとつであるこの5人組の理解が深まること間違いなし。緑色の熱い旋風をフロアで迎え撃つ準備にぜひ役立ててください。(坂本麻里子)


フォンテインズD.C.のインタビューが掲載される、1月7日(土)発売のロッキング・オンは以下からご予約できます。
待望の初来日は2月! フォンテインズD.C.、渾身のサード『スキンティ・フィア』のインスピレーション源を語る
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする