お茶の間にきゃりーを

きゃりーぱみゅぱみゅ『もんだいガール』
2015年03月18日発売
SINGLE
きゃりーぱみゅぱみゅ もんだいガール
「意味のある歌詞」を徹底的に回避することで、「共感狙い」の安っぽいメッセージをばらまくありきたりなJ-POPをことごとく陳腐化し、ファンタジーを超えた時代のリアリティを獲得したきゃりーが、意味と物語のある歌詞でもって新境地を切り拓いたのが、サード・アルバム『ピカピカふぁんたじん』だった。

そして本作は初のドラマ主題歌。ドラマは女性への強いメッセージをこめたもので、当然主題歌もそれに見合ったメッセージ色の強いものになっている。

『ピカピカ〜』は、たとえありきたりなテーマやメッセージであっても、中田ヤスタカ一流の切なさと寂しさを伴ったメロディと、きゃりーらしいファンタジックでキラキラした遊園地のような曲調で、既存のJ-POPとは断固一線を画した作品になっていた。

本作の曲調はキャッチーだし覚えやすいが、お茶の間向けであり、アレンジも言葉も手堅い印象。初期の「無意味なきゃりー」を愛する人からは前作以上に賛否両論が分かれそうだが、タイアップから外れた姿も見せてくれるであろうアルバムでは彼女らしさを発揮してくれるものと期待したい。(小野島大)

“もんだいガール”のミュージック・ビデオはこちら。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする