「音」が描き、「音」が歌う

SPECIAL OTHERS ACOUSTIC『Telepathy』
2018年05月16日発売
ALBUM
SPECIAL OTHERS ACOUSTIC Telepathy
2014年、念願の武道館公演終了後「新人デビュー」したSPECIAL OTHERS ACOUSTICが約3年半ぶりに活動再開。本体SPECIAL OTHERSは、昨年1年間メジャーデビュー10周年として精力的に動いていたところ。どうやらバンドとしてのひとつの山場を乗り越えたあとに、SOAは動き出すらしい。もちろん息抜きという意味ではなく、背負うものを一旦下ろして、まっさらな「楽器の音」に向き合いたいというメンバーの意思が伝わってくるフルアルバムだ。オーガニックなイメージの前作とは違い、今作はアーバンというテーマのもと、日々の生活に寄り添ってくれるような風合い。柔らかなギターから始まる“WOLF”、ツービートに展開するポップな“STEADY”、グロッケンの音色が煌めく“Mirage”などの新曲群に、“IDOL”、“CP”などセルフカバーも秀逸。移りゆく情景を写し取ったような展開、ひとつひとつの音が細やかに交差するアンサンブルに酔いしれつつ、そこに成熟したこだわりが感じられる。スぺアザならではでいて、スぺアザ史上最高を更新する聴き心地の好さかも。(後藤寛子)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする