「人となり」が詰まった大充実盤!

Ken Yokoyama『Songs Of The Living Dead』
2018年10月10日発売
ALBUM
Ken Yokoyama Songs Of The Living Dead
約3年ぶりの単独作は、「セルフコンピレーションアルバム」――要は、コンピに提供した曲、ウェブのみで聴けた曲、新曲など、「アルバムに収録されていなかった曲」が全20曲も収められている。この曲がやっとアルバムで聴ける!というレア盤として、またライブでは披露されていた曲もあり、歩みが見えるベスト盤として、そしてカバー曲が多いため、カバーソング集として、さらに5曲も新録されているので、ニューアルバムとして――こんなにもいろんな角度から楽しめる、新感覚の作品になっているのだ。曲順にも物語が感じられ、例えば東京スカパラダイスオーケストラのカバー“Sayonara Hotel”から、KEN BANDにMinami(G)が加入した後に発表された“Going South”というスカ繋がりは粋の一言。続く、カバーの名手であるチバユウスケをゲストボーカルに迎えた、Vince Taylorの“Brand New Cadillac”(新録)も最高。ラストは、多くのメロディックパンクバンドに影響を与えたNO USE FOR A NAMEの“Soulmate”(新録)で、込められた想いに落涙。聴きどころばかりの傑作だ。(高橋美穂)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする