新しい日常を照らす、新触感の光

フジファブリック『光あれ』
発売中
DIGITAL
フジファブリック 光あれ
“光あれ”というタイトルと、小林武史のプロデュースという情報から、キラッキラのポップスなのかな!?と予想していた自分は、本当に甘かった。デビュー15周年を経て、2020年の第一弾として配信限定でリリースされる、稀代のプロデューサーと初めて組んだ楽曲は、そういった節目を活かした、驚きと頷きが入り混じる新機軸が打ち出されている。

光は光でも、無邪気なきらめきというよりは、上質な輝きといえるだろうか。ソウルフルなグルーヴとダンサブルなビートが、心地好い温度感を漂わせている。そこに、爽やかな山内総一郎の歌声がのることで、他にない新触感が味わえるのだ。フジファブリックは、これまでも絶妙なバランスで楽曲を構築し、様々な新触感を生み出してきたバンドだが、“光あれ”は、これまでと構築の角度が違うと思えるような仕上がりになっている。小林武史が感じていたフジファブリックの秘められた可能性を大きく引き出したからこそ、生まれた楽曲なのかもしれない。

年齢を重ねても《続いて行く》確かな宣言のような楽曲。こんな温かな始まりが、今の彼らには似合う。(高橋美穂)

公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする