奇跡は日常に隠れていた

さユり『summer bug』
発売中
DIGITAL
さユり summer bug
初の弾き語りアルバム『め』と、デジタルシングル『ねじこ』で、さユりの「歌」は新たな強さを手に入れた。そして、『葵橋』では、「ここではないどこか」を目指すのではなく、リアルな日常の風景を切り取り、その空気ごと感情を描くことで、新境地に立った。さユりの「歌」と「言葉」がどんどんカラフルに色づくような、多面的に広がっていく予感を感じていたところに届いたのが今回の『summer bug』。はっきり言って期待以上の自由な飛躍に、誰しも驚いたに違いない。エレキギターのノイズから始まるアップテンポでポップな楽曲に乗せて歌われるのは、夏の一夜のキラキラした光景。《夏の虫さながら明かりを求めて/夜のぬるい風浴びる/ダボダボのTシャツ着て 今夜冒険しに行こう/たらふく食ってやるぜ》と、季節感たっぷりのリアルな描写は“葵橋”にも通じるが、今回はさらに、自らの足で外へ飛び出して、楽しいもの、わくわくするものを見つけに行こうとしている。《手は離さないでいて 遠いようで近い奇跡を見逃すな》ときっぱり言い切るさユりの「今」から目が離せない。(後藤寛子)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする