間違いなく後世に語り継がれる音楽

宇多田ヒカル『BADモード』
2022年02月23日発売
ALBUM
宇多田ヒカル BADモード
『初恋』以来、約3年8ヶ月ぶりのフルアルバム。“Face My Fears (Japanese Version)”をはじめ、“Time”“誰にも言わない”“One Last Kiss”“PINK BLOOD”“Find Love”“君に夢中”と、錚々たるタイアップ曲のタイトルを見るだけで、今作に至るまでの宇多田ヒカルのクリエイションの充実ぶりに嘆息するばかりだが、今作のタイトル曲“BADモード”のフレッシュな抜け感に、さらなる黄金期の到来を感じずにはいられない。完璧に練り上げられた、それでいて軽やかな生音のアンサンブル。弾むような歌声は大切な人を優しく包み込んで「BADモード」から救い出す優しさに満ちている。新曲“気分じゃないの (Not In The Mood)”がまた素晴らしい。映画のシーンのような歌詞は英語と日本語でごくさりげない韻を踏み、アンビエントなサウンドには意識をまるごと持っていかれるよう。本編ラスト、12分弱にも及ぶ“Somewhere Near Marseilles ―マルセイユ辺り―”に至っては、ずっとこの音世界に浸っていたいと思わせる強い引力に抗うことができない。ものすごいアルバムができあがった。(杉浦美恵)

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする