『SLAM DUNK』という夢が開けた宝箱

10-FEET『第ゼロ感』
発売中
DIGITAL
10-FEET 第ゼロ感
秘められてきた全貌が、ここに来て次々と明らかになっている映画『THE FIRST SLAM DUNK』。そのエンディング主題歌である10-FEETの“第ゼロ感”を聴いて、そして、予告映像との親和性の高さを感じて、やっと、これが現代の『SLAM DUNK』か!と腑に落ちた(本編を観れば、まだまだ驚きもあるだろうけれど)。ふたつのコラボレーションでしか、生まれなかった楽曲だと思う。

ダンサブルなイントロから、これが10-FEET?と驚かされる。芯には疾走感やヘヴィネスが貫かれているし、ジャンルで言えば大きくはみ出してはいないものの、その中に「バスケ」『SLAM DUNK』という鍵で開けられる宝箱があったんだな、と思わずにはいられない。10-FEETはそんな奇跡を結成25年で起こしたのだ。90年代にアニメを彩った主題歌は爽やかだったけれど、2020年代の映画は主題歌からして剥き出しで行く!という意思が感じられる。登場人物の顔が思い浮かぶ、味わい深いアウトロまで必聴だ。なお、TAKUMA武部聡志と共に劇中音楽も担当。こちらも新鮮なコラボレーションであり、期待が高まる。(高橋美穂)

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする