幸福進化論

椎名林檎『ありあまる富』
2009年05月27日発売
SINGLE
椎名林檎 ありあまる富
シンプルに研ぎ澄まされた温かくて新しい手触りのサウンドも、わかりやすい言葉で綴られる歌詞も、悪戯なアイロニー溢れるタイトルやジャケットも、金融恐慌と世界的不況が叫ばれる時代へのメッセージとしても、そしてテレビ・ドラマ『スマイル』のエンディングとして流れる瞬間の美しい感動も含めて、もう、すべてが完璧。やはり椎名林檎は正しい! と思わず叫びたくなる作品だ。バービーボーイズのいまみちともたかがアレンジとギターで参加したことも、いい具合でポップ・センスを生み出している。

デビュー曲“幸福論”は、自分にとっての究極で等身大の幸福を守るためのスローガンのような歌だった。幸せになりたい。幸せ追求権ってあるだろう――かつてそう語った林檎が、今、万人の幸せのために歌う。音楽のピュアネスを守りながら、激動の季節を越えてきた彼女が、「あなたの富はあなた自身。だから誰も奪えない」と歌うとき、それは身震いするほどの真実の言葉となって降り注ぐ。ソロ名義としては5年半ぶりとなるシングル、10周年を経た今リリースされるに相応しい普遍的な傑作。(井上貴子)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする