美しい乗りこなし

Superfly『恋する瞳は美しい/やさしい気持ちで』
2009年07月29日発売
SINGLE
Superfly 恋する瞳は美しい/やさしい気持ちで
突然だが……良いロック・ボーカリストの条件とは何か? 音程の正確さ? 声域の広さ? いや、それらも大切だが、やっぱり重要なのは、ビートに対する歌の乗せ方のセンスの良さだと思う。ビートを巧みに捉えたり、ヒラリとかわしたりしながら、バンドのグルーヴを一層劇的に増幅してみせるボーカリストは、聴いていると本当にワクワクする。ビートの乗りこなし方が問われるという点に於いて、ロック・ボーカリストもラッパーも同じだ。そして、このスキルを圧倒的に身に着けているのは誰?と訊かれたら、今、このCDを聴き終えたばかりの僕にまず思い浮かぶのは外でもない、越智志帆だ。両A面シングルの本作。“恋する瞳は美しい”は、ファンキーでダンサブルなノリがカッコいい。パンチ力に満ちつつも、何処か洗練されたポップさを醸し出せるのだから、つくづく彼女は不思議だ。そして、“やさしい気持ちで”は、グッド・メロディに乗りながら、タイトルそのままに、優しいエモーションをじんわりと広げてゆく。どちらもSuperflyがますます好きにならずには聴けない抜群の歌と音の塊だ。(田中大)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする