愛情から生まれる音

Chara『Very Special』
2011年01月26日発売
ALBUM
Chara Very Special
ユニバーサル移籍以降のベストアルバム。エピックから離れ、インディーズで、深く沈んだ異色のアルバム『something blue』を発表したあと、生命力全開の3年半ぶりのシングル“世界”を発表して以降の活動が、収められている。

デビューしてから20年もの間、一貫して愛を求めることで、音楽を生んできたChara。このアルバムも、やはりそこに尽きる。宇宙すら超えるくらいの壮大な愛を描いた“o-ri-on”。RADWIMPSの野田洋次郎とタッグを組み、無邪気に無垢な愛を爆発させた“ラブラドール”、そして、愛の行方に混乱し、問いかける“breaking hearts”。Charaのそのときどきの心の揺らぎが、フレッシュに反映されている楽曲たち。数々のコラボレーション楽曲でも毎回感じるが、様々なアーティストと手を組みつつも、Charaだからこそ生まれた音楽であると断言することができる、巨大なオリジナリティ。このベストアルバムは、愛の高鳴り、成熟、とまどい、喪失などが描かれているが、それがすべて美しく甘く切ない、最高峰の音楽となっているのだから、やはりCharaはすごい。(小松香里)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする