音楽を語るポッドキャスト番組「JAPAN RADIO」をよろしくお願いします

音楽を語るポッドキャスト番組「JAPAN RADIO」をよろしくお願いします
僕、ロッキング・オン・ジャパン編集長・山崎洋一郎が日本の音楽シーンを振り返りながら、そこに登場した数々のロックアーティストやレジェンド、時代を変えた重要なアーティストを毎回1組取り上げて、人物像や音楽性やリアルなエピソードを語るという番組「JAPAN RADIO」。

もうすでに11回分が配信されていて、

第一回【番組への意気込みを語る】
第二回【ブルーハーツ】
第三回【エレファントカシマシ】
第四回【くるり】
第五回【ミッシェル・ガン・エレファント】
第六回【Mr.Children】
第七回【チャットモンチー】
第八回【忌野清志郎(RCサクセション編)】
第九回【9mm Parabellum Bullet】
第十回【アジアン・カンフー・ジェネレーション】
第十一回【UVERworld】
第一二回【米津玄師】

という感じで、だいたい週に一回ぐらいのペースで収録・配信しています。

この後もまだまだ、ELLEGARDENも、BUMP OF CHICKENも、電気グルーヴも、Charaも、ストレイテナーも、hideも、宮本浩次も、イエローモンキーも、中村一義も、TOKYO No.1 SOUL SETも、ブランキー・ジェット・シティも、小沢健二も……という具合に限りなく続くので、かなり壮大なシリーズになりそうです。
スタートしてすぐにポッドキャストの人気番組ランキングで9位にランクされて、霜降り明星に迫るほどでした(笑)。
音楽カテゴリーでは1位になり、現在も3位あたりをウロウロしています。好調なスタートですっかり気分は上がってます。

この番組を始めようと思った理由は、僕の頭の中にある膨大な記憶を記録しておきたかったからです。
ロッキング・オン・ジャパンの編集者になって34年、編集長になって32年、この長い期間に取材した数々のアーティストとの思い出、エピソード、事件(笑)、それからその当時には言えなかったことや、後になって「そういうことか」とわかったこととか、頭の中に充満しているそんなことすべてを一度ぜんぶ言葉にして話して頭の中から出して保存しておかねばと思ったのです。
来年60歳を迎える前に(笑)。

ブルーハーツが解散を発表した直後にメンバーそれぞれのロングインタビューをした人間はおそらく日本中で僕だけだろうし、ELLEGARDENの活動休止インタビューをやった人間も僕だけだろうし、デビュー時からずっとエレファントカシマシのインタビューをし続けている人間も僕だけだろうし、小沢健二とひと悶着あってそれが雑誌上でも公然と展開されたのも僕だけだろうし、UVERworldのデビューから10年かかって和解して仲良くなった人間も僕だけだろうし、他にもいろんな貴重な経験をこの34年間でさせてもらってきたわけで、そういう貴重な経験を、SNS上に出回っている都市伝説みたいなフェイクな断片ではなく、僕自身の言葉でちゃんと残しておきたいと思ったわけです。
といっても、とてもラフな雰囲気で笑い満載でお届けしています。
無料のiPhoneアプリ「Podcast」、もしくはSpotifyかグーグルポッドキャストで聴けます。
Japanradioで検索してみてください。内容はかなり面白いです。
よろしく!(山崎洋一郎)
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする